建築方法

ドリフトピン工法とは?

柱に凸型の金具を装着し、梁の接合部はプレカット掘り込まれた窪みに凹型の受けの金具が埋め込まれ、両者がドリフトピンで結合される。柱と梁の結合には釘は不要で、羽子板ボルトなどの従来金物も使用しない。柱にほぞ穴を掘らないので全面積が荷重面積となる。建築現場には、プレカット済みで金具を装着した状態で搬入され、現場では組み立ててピンを刺し込む作業のみとなる。筋交いの固定には、従来金物が使用される。基礎との結合や梁の上下の柱の結合には、ホールダウン金物が使用される。(引用:Wikipedia

PAGE TOP