沖縄で木造住宅を建てるなら
沖愛ビルドにお任せください!

沖愛ビルドは、沖縄で木造の注文住宅を提案しています。

「鉄筋コンクリート住宅が多い沖縄でも木造住宅に住みたい」
その理想を実現するためのお手伝いをさせてください。

木造の家づくりのこだわり

Point

  • 木造の家づくりのこだわり01

    柔軟な提案力と熟練の職人による再現力で、お客様のこだわりに徹底的に寄り添います。

  • 木造の家づくりのこだわり02

    40年間のあらゆる支出をまとめてシミュレーション。見えないコストまで”見える化”提案します。

  • 木造の家づくりのこだわり03

    沖縄県の独自の気候風土に合わせた、「沖縄特化型木造住宅」。良い悪いの真実をご提供します。

木造住宅のメリット

Merit

その1.木造住宅は鉄筋コンクリート構造より安い

近年の資材高騰により木造住宅は高くなったと言われる中、それでもなお木造住宅は鉄筋コンクリートよりも断然安く建築できます。木材に比べて鉄やコンクリートの方が高価であるというのはイメージ通りですが、実はそれだけではありません。木造住宅の工期は着工からわずか4カ月程度で完成するのに対して、鉄筋コンクリート造はおおむね10カ月程度かかります。そのことから、人件費や工事管理費など、資材とは別の部分でも多く費用が発生してくるのです。

その2.リフォームの自由度が高い

時代や年齢とともに、住みやすい家は変わっていきます。そんな時にリフォームをしやすいのが木造住宅の良さです。大幅のリフォームをしたくなったときも、木造住宅の「コストを抑えられる」という特徴から、鉄筋コンクリートよりも安く改修できます。
また単純に、構造的な問題でコンクリート住宅では実現が難しいリフォーム内容というものもあります。
もし将来「バリアフリーのためのリフォームがしたい」「増築したい」という希望が出てきても、検討の幅もコスト面も、全てにおいて木造住宅のほうが鉄筋コンクリートよりも安心です。

その3.木造住宅の安心感

沖縄県では馴染みがあまりないようですが、実は日本の一戸建て住宅の85%以上が木造住宅です。そういった市場と需要が相まって、非常に優秀な住宅用資材や建材が毎日のように開発され進化を続けています。使用感や快適性、耐久性能や安全性能、保証期間やメンテナンスコストなど、たった10年あまりで見ても驚くほどに良くなりました。
家は、世代をまたいで引き継いでいきたいものです。それが引き継ぐにつれ劣化していくだけでなく、段々と進化させてその時代にあった生活を続けられるのはやはり木造住宅の強みです。「負債」ではなく「資産」として残していく。沖縄県の環境でも耐えられるようになった今の時代だからこそ、木造住宅なのです。

沖縄の環境に合わせた木造住宅づくり

Environment

湿気対策

高温多湿の沖縄で最適な構造とは、まさしく木造住宅。木の性質として、湿気が多いときには湿気を吸収し乾燥しているときには湿気を放出するという自然的な働きがあります。さらに、新建材といわれる比較的新しい住宅用建材の中には、「外の湿度は遮断して、中の湿度だけを吐き出す」という科学的な働きを持たせていたりもします。
ちなみに、蓄熱性が高く表面結露が発生しやすいコンクリート造は、実は高温多湿の沖縄では最も相性が良くない組み合わせ。
構造面でどうしてもクリアできない要素はそれぞれにあるものの、湿気対策の観点で見れば本質的にも科学的にも木造住宅の圧倒的な勝利です。

シロアリ対策

沖縄だけに言えることではありませんが、シロアリなどの虫の発生も気になりますよね。
ただ、鉄筋コンクリート住宅でもシロアリは発生しますし、木造住宅が特段発生しやすいということではありません。また、虫に強い木材を使用したり虫が入り込む隙間を埋める施工をしたりすれば、発生を極力防げます。
シロアリ被害の対策として保証の内容もしっかり確認しておくこともポイント。

台風対策

沖縄は台風の影響を受けやすい土地なので、住宅の強度が心配との声が多くあります。
しかし、木造住宅の強度はここ20年あまりで飛躍的に進化しており、沖縄の台風にも当然のように耐えられるようになっています。
接合部は金物に変わり、柱は一本の無垢材からおよそ1.4倍の強度を持つ集成材が開発され、壁はつっぱり棒に似た原理で歪みを支えていたものが、現在では硬いパネルで面ごと支える構造になりました。イシンホームとの加盟契約をすることで、これらの最新の建材を駆使した安心安全圧倒的高性能な住宅を、他社では決してマネできない低価格で提供できるのです。

木造住宅の木材の種類と特徴

  • ヒバ

    ヒバ

    ヒバはヒノキの仲間で、虫や湿気に強いのが特徴の木材です。ヒノキよりも安価でシロアリや蚊も寄せ付けにくいという特徴も似ており、高温多湿な沖縄にも適した木材になります。抗菌性が高く独特な形状の綺麗な葉を持っていることから、お肉やマツタケなどの高級食材に添えられることもしばしば。

  • ヒノキ

    ヒノキ

    ヒノキは独特な香りと耐久性の高さから高級材として知られており、文化遺産に登録されている寺社仏閣などに必ずと言っていいほど使用されている木材。湿度にも強く、また、「ヒノキチオール」という成分の働きにより防虫抗菌防腐作用にも大変優れています。どれを取っても抜け目のない優秀な木材の代表格です。

  • スギ

    スギ

    スギは柔軟性があり加工がしやすく、成長スピードが早く安価な木材であり、木造住宅では古くから重宝される木材です。昔は外壁材として利用されたり、今でも床や柱、窓枠や建具など幅広く使われています。また、通気性に優れ水分を多く吸収するため調湿機能に優れた木材として知られています。

PAGE TOP